• ソウル女子大学校校舎1
  • ソウル女子大学校校舎2
  • ソウル女子大学校校舎3
  • ソウル女子大学校校舎4
  • ソウル女子大学校校舎5

ソウル女子大学校の校章ソウル女子大学校(長期)

韓国語教育センター ...東北地区
(ソウルヨデ)
서울여자대학교 한국어교육센터
Seoul Women's University Korean Language Ceneter

ソウルの中心からほどよく離れ、自然豊かな美しいキャンパスを誇る女子大学
授業はしっかりと学び、会話は会話ラウンジで自由に。落ち着いた環境でしっかり勉強できる

実際に当社からソウル女子大学校に留学された方の貴重な留学体験記です。

学校詳細

ソウル女子大学校

ソウル女子大学は、1960に設立されたプロテスタント系の女子大学で6つの学部と32の学科、5つの大学院、付属施設からなる総合大学である。キャンパスはソウルの中心地から地下鉄で35分くらいの場所に位置し、韓国語教育を担当する韓国語教育センターは2004年に開設された。女子大だが、語学堂は男性も受講可能(ただし寄宿舎は利用不可)。
ソウル中心地の喧騒から少し離れ、緑あふれる落ち着いた環境の中、腰を据えてしっかり勉強したい、検定試験(TOPIK)などをしっかり取って帰りたい、韓国の大学に進学したい等の目的がある学生には学費も安く、寄宿舎もソウルでは珍しく長期利用が可能である。日本語でのサポート体制もあり学校、寄宿舎ともにひとりひとりの留学生活が充実するように気遣っている大変アットホームな学校で、静かに注目を受けている学校である。

学校情報
学校所在地 ソウル特別市 蘆原区 花朗路 621  (50周年記念館305号)
開設レベル 1級~6級
1学期 20週間 週5日(月~金) 1学期200時間
授業時間 月~金:1日4時限 9:00~13:00
クラス人数 10~15人程度
レベルテスト 最初の学期前にクラス編成試験があります。テストはリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングが行われ、主にこの成績により配属級とクラスが決まりますので、基本的には必ず受講が必要です。
出席 総授業時間の80%以上の出席と試験成績が4科目平均70点以上、3科目が必ず70点以上、課題提出や生活態度等が進級の条件となります。
特徴
ソウル女子大学校は、ソウルの中心地から地下鉄で35分くらいの場所に位置しており、喧騒から少し離れた緑あふれる落ち着いた環境の中で、腰を据えてしっかり勉強したい、検定試験(TOPIK)などをしっかり取って目に見える成果を持って帰りたい、韓国の大学に進学したい等の目的がある学生にとって学費も安く、寄宿舎もソウルでは珍しく長期利用が可能である点でメリットが多い学校のひとつです。

授業はとてもオーソドックスなスタイルで、話す、聞く、読む、書くをバランスよく学ぶことを重視しており、使用教材は延世大学語学堂のものを使用しています。これはソウル女子大学の現在の韓国語教育部長が延世で教鞭を取られていた教授で、教材の良さを引き出しながら人数を絞ってきめの細かい指導をしたいという理想から、そのための教師側レベルの統一性のとりやすさ(先生による水準のばらつきを最小限に抑えるための先生の教育)などを考慮し、現在とりうる最高の状態としてテキストもあえて開発に時間も労力もかかるオリジナルの主教材を使用せずオリジナル教材は副教材に抑えて使用しています。実際に教育部長の教授と長時間何度もお話をさせて頂いていますが、なによりも学習面の充実と、学生ひとりひとりのレベルアップ、そのための教師陣のレベル向上を重視しているということがとても伝わってくる情熱的な先生でいらっしゃいます。ですのでソウル女子大学の教師陣は他校に比較してベテランの教師が多く、教えることに情熱を持っていることが一番の自慢というのも頷けます。

学習面での大きな特徴は、水曜日に集中してTOPIK対策授業やTOPIK関連の授業を行っている点です。これにより大学進学や就職などに生かすために必要なTOPIK上級を取りやすくし、また授業で習っていることを体系的にして行くために活用されています。授業に組み込まれていますので費用も別途かかることはありません。文法面は教科書等の教材からしっかり学び、もし担任の先生が不足だと感じれば、補講なども無料で提供して学習レベルを底上げするなど、個人個人にきめ細かい指導をしています。
会話に関してはまずはしっかりとした文法力と語彙の上に上級会話があるのですが、会話する機会を増やすという点で、1)トウミの充実、2)グローバルラウンジでの言語交換の提供を行っています。トウミは新入生を優先として長期、短期ともに実施しており、新入生は希望すればトウミがほぼ当たります。グローバルラウンジは13時~17時まで無料開放し、そこに会話練習の言語交換相手の韓国人学生が待機していて自由に会話をしたり宿題を一緒にしたりすることができるようになっていて会話機会を増やせるようになっています。また午後の時間には、無料で韓国語会話練習教室も開かれており、対話練習を行うことができます。

学生が飽きずに勉強できるように文化体験授業にも力を入れており、毎学期1回の校外文化体験で韓国料理授業、サムルノリ、テコンドー、公演観覧などを行い、その他に毎学期1回の校内特別行事があったり春と秋学期には1学期に8回もの無料ダンス講座なども開設されています。
学内は女子大らしい雰囲気で、語学堂の入っているメインの建物は正門入ってすぐの大きな建物内にあり、教室やグローバルラウンジをはじめとした教育施設、学生食堂やスターバックスなどの様々な飲食店、便利施設が入ります。学生会館も充実しており、こちらにも食堂やカフェ、コンビニ、銀行、ブティック、ラウンジなどが入っています。これらの雰囲気はやはり女子大ならではといった感じで過ごしやすそうです。

語学堂正規課程の学生が入寮できる寄宿舎は基本的に国際教育館となります。別の寄宿舎もありますが、入退寮の日程が大学日程になっているので語学堂学生は不便ですのでみなさん国際教育館を利用します。ソウルの語学堂では珍しい基本的に希望すれば入寮が可能で延長も可能となっている大変ありがたい寄宿舎です。
こちらの寄宿舎は3人部屋なのですが、基本的に春学期と秋学期は韓国人1、日本人2または、韓国人1、日本人1、香港台湾から1という構成になっており、こちらもユニークなシステムで希望した韓国人がお部屋でも勉強や生活をサポートしてくれるようになっておりお部屋にトウミの学生が毎日いてくれるようなとても有意義なシステムです。中国の方とは基本的に分かれています。学校内にあり、語学堂から徒歩で10分程度、図書館に5分程度で、館内は3重のセキュリティーが施されて安心の管理システムとなっております。3人部屋ではありますが、お部屋もソウルの寄宿舎の中では広めで収納もありますし、寄宿舎の中に休憩室、自習室、簡易運動施設などもあり、1階には教室もあって一部こちらで授業を受ける場合もあります。ソウル女子大学の語学堂を検討されるなら寄宿舎をお勧めしますので、まずはそこからご検討くださるとよいと思います。
入寮者が増えたり、夏や冬の本学の学生が少ない時期は韓国人の学生が部屋に入ることが難しくなりますが、複数学期申請の場合には韓国人学生と同室になれなかった場合に次の学期は優先的に同室となるように配慮され、また1学期のみの申請の場合にはなるべく優先的に同室になるよう配慮されます。

各レベルごとに成績優秀者には奨学金制度があり皆勤賞などもあります。またソウル女子大学に進学を希望する場合、語学堂3級修了から一応可能となりますが、語学堂4級以上で学校が設定する条件をクリアすると大学の授業料を4年間半額で通えるという特別奨学金が受けられます。また語学堂から大学へ進学すると1年間寄宿舎費用が半額になります。そして1年次は韓国語過程と学部課程を同時履修できる自由専攻学部入学制度という制度も利用できます。

外国人登録は学校で団体登録、延長申請も行なってくれますし、銀行口座も学内の銀行ですぐに開設が可能です。
また、ソウル女子大はファランデという駅から徒歩で約10分、学校のシャトルバス、あるいは駅から通常の市内バス等で2分程度の立地ですが、ファランデ駅、テルン入口駅、ソッケなどの駅から市内バスで簡単に通え、付近にはコシテルなどもありますので、どうしても一人部屋が希望であればコシテルから通うことももちろん可能です。遠いイメージがありがちですが、実際は鍾路3街から地下鉄で28分でファランデ駅まで行けますので、それほど不便なところではありません。
寄宿舎に入って留学費用を抑え、長期にしっかりと勉強したい等であれば、価値がある学校のひとつかと思います。


正規課程の日程
日程は学校の都合により突然変更になる場合がありますのでご注意ください。
申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
 ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
 ※寄宿舎の入寮は基本的に当社ではほぼ可能ですが、希望者多数の場合は入寮できない場合もございますのでお早めにお申込みください。


申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
 ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
 ※寄宿舎の入寮は基本的に当社ではほぼ可能ですが、希望者多数の場合は入寮できない場合もございますのでお早めにお申込みください。


申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
 ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
 ※寄宿舎の入寮は基本的に当社ではほぼ可能ですが、希望者多数の場合は入寮できない場合もございますのでお早めにお申込みください。


申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
 ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
 ※寄宿舎の入寮は基本的に当社ではほぼ可能ですが、希望者多数の場合は入寮できない場合もございますのでお早めにお申込みください。



入学手続き
入学資格 高校卒業(年度卒業予定)以上
 *卒業見込みで申請不可 高卒認定はビザ発給不可 通信は一般認定されているか領事判断
授業料 <正規課程>
入学金
教材費 別途
申請について 1学期ごとでも2学期分でも申請、授業料の納入ができます
登録取消 登録の取消は、学期開講15日前までは授業料の100%、開講14日~8日前まで90%、開講7日~前日まで80%、開始後1週間以内は70%、それ以降は払い戻し不可。
受講の延期 学期開始前であれば次学期への延期可能。寄宿舎も延期可能。2学期先への延期も原則可能。
寄宿舎 寄宿舎(国際教育館)

夏 06.03~09.01  秋 09.02~12.01  冬 12.02~03.01
学期間の休みも含まれます
留学保険 加入義務あり(2018年より留学保険は学校指定の団体保険に加入義務あり)
ソウル女子大学校長期留学プラン
お手続き手数料
*お手続き手数料に含まれるもの
滞在先パック
(当社のお申し込み基本プランです)
  1. 学費(1学期分)と滞在先(1学期+学期休み分)の費用がパックになっています。こちらの滞在先パック料金にはお手続き手数料も含まれます。
  2. 滞在先費用については、基本的に3ヶ月分承ります。詳しくはご相談のうえ後日お決めください。
  3. 滞在先ランクについては、こちらをご参考にお考えください。
お支払総額
お支払総額は、滞在先パックの金額となります。
  1. 航空券、保険等は別途かかります。
  2. その他のオプションについては、現地到着後のサービスをご覧ください。
  3. 締切り日3週間を切ったお申込みは特急手配料(税込)3,300円が追加になります。

滞在先手配が不要な方は、お手続き手数料+以下の学費がお支払総額となります。
なお、為替レートの大きな変動により予告なく価格が改定される場合があります。
.