• 国立ソウル大学校校舎5
  • 国立ソウル大学校校舎1
  • 国立ソウル大学校校舎2
  • 国立ソウル大学校校舎3
  • 国立ソウル大学校校舎4

国立ソウル大学校の校章国立ソウル大学校(長期)

言語教育院 ...南地区
(ソウルデ)
국립 서울대학교 언어교육원
Seoul National University Language Education Institute

韓国最高峰の国立大学で学ぶ
様々な地域から集まる外国人とともに学ぶ環境、一新した新教材で総合的な学習が可能

実際に当社から国立ソウル大学校に留学された方の貴重な留学体験記です。

学校詳細

国立ソウル大学校

国立ソウル大学は、1946年に韓国初の国立総合大学として設立され、2016年にはQS世界大学評価で世界35位、アジア10位にランクインする学生数約29,000人以上の名門総合大学である。
中心となるメインキャンパスはソウルの南西部、冠岳山(カナクサン)山麓にあり、山間部を利用した広大な敷地に校舎と自然が一体となったキャンパスが広がる。キャンパス内は循環バスが運行され移動に利用されている。
超学歴社会である韓国社会の中の頂点に立つソウル大学はたった1%にも満たない競争率を勝ち抜いてきたエリートたちが学んでいる。

1969年に開設された韓国語教育センターは外国語または第二外国語として韓国語を学ぼうとする外国人に韓国語と韓国文化を教育し流暢で正確な韓国語を駆使できるようにすることを教育の目標に、人文•社会学分野で修士学位以上を取得した言語教育のエキスパートとして教育経験と専門知識を兼ね備えた教師陣を揃え、進級評定も他の語学堂よりも厳しいラインを設け、しっかりとした韓国語教育を目指している。未だに会話よりも読解のみに重点を置いているという古い情報が流れているが、一新された教材などをみても、かなり会話力向上にも注力しているのがうかがえる。

学校情報
学校所在地 ソウル特別市 冠岳区冠岳路1 (google mapで表示)
開設レベル 1級~6級 (研究クラス)
1学期 20週間 週5日(月~金) 1学期200時間
授業時間 月~金:1日4時限 9:00~13:00 / 午後クラス 13:30~17:20
クラス人数 12~15人程度
レベルテスト 最初の学期前にクラス編成試験があります。
出席 90%以上。遅刻、欠課を含む欠席日が5日を超える場合はその級を修了できない。6回の遅刻と4時間の欠課はそれぞれ1日の欠席として処理される。欠席と出席認定を合算して10日以上の場合、成績が70点以上の場合のみクラス分けテストを受けて進級できる場合があるが、1度のみ。
進級 全科目の平均が70点以上、90%以上の出席で次の級に進級できます。
特徴
ご存知の通りソウル大学校は、韓国最高の国立大学で世界から優秀な学生が集まる韓国最高峰の大学です。ソウル大学のメインキャンパスはソウルの南西部、冠岳山(カナクサン)山麓の山間部を利用した広大な敷地に広がっています。キャンパスが広大なため構内循環バスが運行され移動に利用されているほか、駅からの普通の市内バスも構内に入ってきます。ただ広大なだけでなく、素晴らしい自然環境が施設と調和していますので授業の疲れも癒してくれる場所が構内あちこちに点在しています。ただそのような環境のため、最寄り駅であるソウル大入口駅からはバス利用で語学堂へ向かうことになり、寄宿舎を利用してもコシテル等の滞在先を利用しても、学校までの距離が少し遠く坂が急なためバス利用が必須となり、また学校から繁華街が遠いなどの立地的な不便さはありますので、遊びとの両立を考える方やアルバイトなどを考える学生よりも勉強に集中したい学生に向く学校と思います。

韓国語を教えてくれる韓国語教育センターはソウル大学言語教育院が運営し、韓国語教育プログラムは多様な学習活動を通じた統合的な言語能力向上に重点を置いて学習者一人一人の特性に応じた最適な教授法を適用、またすべての教室でパワーポイントなどのマルチメディアを駆使した最先端の授業を行い、韓国語の意思疎通能力の向上をはかっています。
流暢で正確な韓国語を駆使できるようにすることを教育の目標に、教師陣の多様な研究活動及びワークショップ、学術大会などを通してさらに効果的な韓国語教授法の開発、授業の質的向上をはかるために努力している人文•社会学分野で修士学位以上を取得した言語教育のエキスパートとして教育経験と専門知識を兼ね備えた優秀で熱意溢れる教師陣が揃っているという点がソウル大学の語学堂で最もアピールできるポイントかと思います。
メリット、デメリットがあると思いますが、ソウル大学では授業は曜日ごとに先生が決まっていて、1人の先生が1日4時間ずっと同じクラスを教えるシステムです。2人または3人の先生が1クラスを担当します。これはソウル大学以外にあまり見ないシステムです。

1級から6級の正規過程を通して言語生活において不便なく韓国語で意思疎通ができる能力を養成し、韓国の歴史と文化についても幅広い知識を持てるように学習します。さらに6級修了後のみ研究班の出席が認められ、専門分野の学業及び就業の際に必要な韓国語能力を高めることも可能です。もうひとつのソウル大学のアピールポイントは、多様な国籍の学生が集まることです。もちろん一番多いのは中国、中華圏の学生ですが、現在2番目に多いのがマレーシア、3番目がアメリカと他校とは全く違った国籍分布となっているほか、他校に比較して非常に様々な国の学生が学んでいます。2020年現在、日本人学生はソウル市内でかなり少ない方で、1クラスに日本人が1人程度の配属になっています。

教材は他の語学堂でも多く利用されているソウル大学のオリジナル教材を全級で使用します。この教材は教材の中に出てくる事例や会話など実践的なものが多く、会話などに役立つスピーキング力に力を入れた非常に優れた教材となっています。ただスピーキングだけに力を入れているものではなく、正確に正しく韓国語を学び実生活で活用できるように作られた実践向きの教材です。
文化体験授業は1学期に1〜2回程度行われ、級ごとに韓国の分野に触れる行事や公演観覧、見学授業などを体験します。
正規過程2級受講生はソウル大学在学生及び韓国語講師養成課程の受講生とのトウミ制度も準備され希望者ができるだけトウミを活用できるようにしていますが、こちらは正直まだ他校に比較して弱い部分かと思います。
有料ではありますが、午後に選択クラスの授業も開講され、発音班、TOPIK準備班、漢字班などの別途授業に参加することも可能です。
未だに会話よりも読解のみに重点を置いているという古い情報が流れていますが、一新された教材などをみても、かなり会話力向上にも注力しているのがうかがえます。
ソウル大学は、平均成績70点以上で、全授業日数の90%以上出席した場合には各級を履修または修了することができますが、これは他校よりも厳しいラインとなっており、進級できないと一度だけ同じ級をもう一度行うことが可能です。
一方で、平均成績90点以上で優等賞、無遅刻無欠席で皆勤賞があります。5つ以上の級を連続受講して5回連続で皆勤賞、または優等賞を受けた場合は、1度に限り登録金の100%に該当する奨学金が受けられます。また、各級履修時、成績が優秀で誠実に学習した学生のうち、教師の推薦を受けた学生に奨学金が与えられます。

構内には多くの便利施設が点在しており、メインの学食以外にも語学堂付近にも2つの学食、学生会館の方や新図書館の裏側など多くの飲食店などが楽しめるほか、語学堂学生も利用可能な旧図書館や学生会館、保健施設、美術館や博物館、有料ですが語学堂生に割引のあるプールやトレーニングジム設備など大規模総合大学ならではの素晴らしい施設の充実度があります。
寄宿舎は語学堂学生に複数のワンルームタイプの寄宿舎施設を提供しています。どの寄宿舎も校外ですので、徒歩またはバスでの通学となります。当社では1人部屋希望の方は早めの申請の場合100%入寮可能です。2人部屋希望の場合は現在抽選となっています。

立地の不便さと、正直事務方がまだまだ学生目線ではない部分もあり他のメジャー語学堂のようなサービスを受けられない部分は見受けられますが徐々に改善されつつあり、日本人の少ない環境、勉強に集中できる環境で厳しい中でもしっかりと勉強したい方や、高い学習目標をもって留学に向かいたい方、直接のメリットはありませんがソウル大学本学への進学を目指すような方はぜひ検討の候補に入れて良い学校となってきたため、2019年よりご案内を開始しております。


正規課程の日程
日程は学校の都合により突然変更になる場合がありますのでご注意ください。
※申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。


※申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。


※申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。


※申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。



入学手続き
入学資格 高校卒業(年度卒業予定)以上
 *卒業見込みで申請不可
授業料 <正規課程>


*午後にある有料の選択班(発音班、TOPIK準備班、漢字班)の希望者は午前班のみ参加可能
登録金
教材費 別途
申請について 1学期ごとでも2学期分でも申請、授業料の納入ができます
登録取消 登録の取消は、開校前は授業料の全額を払い戻し、開講後は1~40日まで各段階によって払い戻しがあり、開講41日を過ぎると払い戻しはありません。~7日87%、~10日80%、~20日60%、~27日47%、~30日40%、~40日20% 入学金は払い戻しはありません。
受講の延期 開講前であれば1回のみ次学期への延期が可能。寄宿舎は再申請が必要。
寄宿舎 寄宿舎
※滞在可能期間は2学期まで
留学保険 加入義務あり(留学保険であれば特に指定はなし)
国立ソウル大学校長期留学プラン
お手続き手数料
*お手続き手数料に含まれるもの
滞在先パック
(当社のお申し込み基本プランです)
  1. 学費(1学期分)と滞在先(1学期+学期休み分)の費用がパックになっています
    ただし寄宿舎の場合は学期休みは別途日割り金額が追加になります。
  2. 滞在先費用については、基本的に3ヶ月分承ります。詳しくはご相談のうえ後日お決めください。
  3. 滞在先ランクについては、こちらをご参考にお考えください。
お支払総額
お支払総額は、滞在先パックの金額となります。
  1. 航空券、保険等は別途かかります。
  2. その他のオプションについては、現地到着後のサービスをご覧ください。
  3. 締切り日3週間を切ったお申込みは特急手配料(税込)3,300円が追加になります。

滞在先手配が不要な方は、お手続き手数料+以下の学費がお支払総額となります。
なお、為替レートの大きな変動により予告なく価格が改定される場合があります。
.
他の大学語学堂一覧
0123456789,.ABC春夏秋冬税計割数項適致係海送郵訪停簡提供契原則複閉様降願付寄路単該回最駅伝隣半類宿同家賃奨近目名上作納あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをんゃゅょっがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤ-ユ-ヨラリルレロワヲンーッャュョェガギグゲゴザジズゼゾダヂヅデドバビブベボパピプペポ