• 慶熙大学校の校章慶熙大学校(長期)

    国際教育院 ...東北地区
    (キョンヒデ)
    경희대학교 국제교육원 
    Kyung Hee University Institute of International Education

    文化世界の創造を合い言葉に国際化を推進する総合大学
    高い教育レベルとトウミ制度の充実、教材一新で留学生の早期実力強化を目指す

    実際に当社から慶熙大学校に留学された方の貴重な留学体験記です。

    学校詳細

    慶熙大学校

    慶熙大学は、1949年に設立され、学生も23,000人以上の総合大学です。得意とする分野に東洋医学を挙げることができ、慶熙大編集の全8巻に及ぶ「東洋医学大事典」は東洋医学を体系的にまとめた最初の大辞典として知られている。また観光学科も有名で最近は大学の観光学科を目指し語学堂から大学へ進学する学生も増えている。
    現在3つのキャンパスと21の単科大学、7学部、81学科と6つの専門大学院、9つの特殊大学院を設置し世界78か国、500校以上の大学と交流提携している。
    韓国語教育プログラムは「大韓民国政府招請外国人奨学生プログラム」の韓国語研修機関として選定され、国際教育院には年間80カ国から2500人以上の留学生が来て韓国語を学んでいる。
    また慶熙大学では留学生のための「トウミ制度」が充実しており、慶熙大学学生からの1対1の韓国語学習や生活についてのバックアップを受けられるのもこの大学の魅力となっている。
    2005年よりTOPIK(韓国語能力試験)実施会場として選定されている。

    学校情報
    学校所在地 ソウル特別市 東大門区 慶熙路26
    開設レベル 1級~6級
    1学期 10週間 週5日(月~金) 1学期200時間
    授業時間 月~金:1日4時限 9:00~13:00
    クラス人数 10~14人程度
    レベルテスト 最初の学期前にクラス編成試験があります。
    出席 出席率が80%未満の場合、進級および修了することができません。また遅刻、早退3回で欠席1回とみなされます。
    進級 成績は定期試験、出席、課題の提出等を総合的に算出し、毎学期成績表を発給します。全科目の平均が70点以上で次の級に進級できます。
    特徴
    慶熙大学は、講師2人がひとつのクラスを担当し指導するチーム・ティーチング制度を採用し、併せて担任制度も敷いています。各分野に卓越した業績を持つ慶熙大学教授によって構成されています。 講師の間での学問業績交流と教授方法の研究で、最新の独自開発教材を使用してレベルの高い講義内容と講師陣を揃え、学生個人に対するきめ細かい指導と学習相談で留学生の学習成果を上げています。多くの日本の大学との提携関係があるため交換留学生の数も多く、また日本人留学生の受け入れ経験が豊富なため日本語が可能な先生も多く安心して留学できるのが特徴です。

    1学期に学生数約1000~1200名程度、うち日本人学生は10%程度で最近は推移しています。最近ではスウェーデン、ノルウェーなど北ヨーロッパの学生も増えており、毎学期多様な国々からの学生が入学するため様々な国の学生たちと交流が可能です。現在、教師数は約100~120名程度です。
    また慶熙大学韓国語教育課程の特徴のひとつとして、留学生の韓国語学習の補助と、外国での新しい環境にうまく適応できるよう、全ての学生に初学期に慶熙大学の大学生及び大学院生で構成されるトウミ(チューター)があります。 このトウミという制度を語学堂に初めて導入したのは慶熙大学です。トウミも効果的な支えとなるよう絶えず研究されており現在はグループ式のトウミを導入しています。トウミ制度は韓国語学習以外に個人的な交流を通して韓国の多様な文化を紹介し、一緒に会話することによって、留学生の韓国での生活を手伝う制度です。授業で理解が難しかった部分の学習の補助もしています。1週に5時間以上を基本としています。

    読むことや書くことは得意でも、実際に韓国人と話ができない学生が意外と多いことから、慶熙大学では聞くことと話すことにも重点をおいています。その補助としてオンライン授業も活用しており学生が何度でも復習することができたり、留学期間を終えて日本に帰国しても慶熙大学の学生はオンライン授業だけは日本で受講できるメリットがあります。

    そして現在最も注目すべきなのが一新された教材です。1級から6級まですべて一新された教科書と補助教材のワークブックのクロスリンクで学習効果を高めています。伝統的に文法教育に強い慶熙大学は「文法」だけの教材を作り、学生に正しい韓国語をしっかり使えるように指導しています。一方で特にスピーキング教育の重要性に注目し、文法教育時にも自然なスピーキング練習をしっかりと行い、話すこと聞くこと、読み書きを統合した教育を実施しています。トウミ制度が有名な慶熙大学ですが、いま最も注目なのは素晴らしい最新の教材と高いスキルを持った経験豊富な教師陣によるレベルの高い学習効果といえるかもしれません。数ある語学堂有名校の中でもトップレベルの学校のひとつと言えます。

    また慶熙大学は、現場学習やいろいろな行事進行が多いのが特徴です。 特に春学期と秋学期は語学堂としては珍しい1泊2日の日程で韓国の歴史をよく知ることができる韓国民俗村や慶州(キョンジュ)、全州(チョンジュ)などの歴史が深い地域や雪岳山(ソラクサン)、利川(イチョン)、水原(スウォン)など韓国の多様な生活を見られる地域への現場学習を実施して学生たちにも多様な経験の機会を提供します。夏学期、冬学期は日帰りの遠足です。 慶熙世界文化祭や世界外国人韓国語スピーチ大会など大きなイベントも実施しており、慶熙大学祭も一緒に参加できる機会もあります。 学期ごとに4回程度進行する文化授業もテコンドーやK-POP、韓国ドラマや映画、料理、伝統遊びなど学生が多い関心をもつ多彩なプログラムを進行します。

    韓国語教育課程の学生にも学生証(Tマネー機能、銀行キャッシュカード機能付)が発給され、慶熙大学の構内施設(図書館、民族博物館、メディアセンター、保健室、マルチメディア室など)を利用することができます。また、国際教育院203号室のマルチメディア室内にあるパソコンは日本語も使用可能です。一般生活に必要な事務については、学校行政室の事務室で行い、ビザや学期延長、寄宿舎申請などは別途設けられた行政室で日本語で相談が可能です。美しさと設備で自慢の図書館や語学堂の建物にあるマルチメディア室(いつも開放されていて自由にパソコンが利用できます)、グローバルゾーンや外国人支援センターの設置、安価で利用できるスポーツジム施設など、学内の施設も充実しています。慶熙大学はTOPIK試験(韓国語能力試験)の会場となっており便利です。

    語学堂の奨学金は毎学期1名が学費全額支給、数名が一部支給の奨学金があります。
    寄宿舎は語学堂学生には主に3つの施設を提供しています。どの寄宿舎も校外ですが、徒歩15分以内、またはバス5分程度での通学となり便利です。3つの施設のうち当社では2人部屋希望と1人部屋希望で2つの施設を推奨、ご案内いたします。寄宿舎の入寮希望の場合には、お早目のお手続きが必要です。ただし毎学期新入生を優先するため、基本的に入寮できるのは1学期のみとなるのが少し残念です。

    慶熙大学のキャンパスにある校舎群はキョンヒランドと言われるほどどれも芸術的で本当に美しく、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は白と建物のコントラストと、四季折々キャンパス内を歩いているだけでもリフレッシュできる美しさです。
    慶煕大学はソウルの東北に位置し、近くに韓国外国語大学、高麗大学があり、学生の街でもあります。正門側に手頃な繁華街側があり、また駅に向かう道沿いにも飲食店や便利施設があって快適に生活することができます。


    正規課程の日程
    日程は学校の都合により突然変更になる場合がありますのでご注意ください。
    申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
     ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
     ※寄宿舎は基本的に2学期前以上の申請で入寮可能ですが、希望者多数の場合入寮できない場合もございます。


    申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
     ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
     ※寄宿舎は基本的に2学期前以上の申請で入寮可能ですが、希望者多数の場合入寮できない場合もございます。


    申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
     ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
     ※寄宿舎は基本的に2学期前以上の申請で入寮可能ですが、希望者多数の場合入寮できない場合もございます。


    申請期間中に書類申請を完了し、登録締切日までに手続きをすべて完了する必要があります。
     ※定員になった場合、日程より早く締め切られます。また寄宿舎の申請がある方は特に可能な限り早めにお手続き下さい。
     ※寄宿舎は基本的に2学期前以上の申請で入寮可能ですが、希望者多数の場合入寮できない場合もございます。



    入学手続き
    入学資格 高校卒業(年度卒業予定)以上
     *卒業見込み可 高卒認定、通信はビザ発給は不可
    授業料 <正規課程>
    登録金
    教材費 別途(1学期50,000~60,000ウォン)
    申請について 1学期ごとでも2学期分でも申請、授業料の納入ができます
    登録取消 登録の取消は、学期開講前までは授業料の100%、開講~開講1/3まで授業料の2/3、開講1/3~1/2まで授業料の1/2、それ以降は払い戻し不可。
    受講の延期 学期開始前であれば次学期への延期可能。2学期先への延期も可能。基本延期は2回まで可能。
    寄宿舎 寄宿舎
     
     
     
    ※滞在可能期間は2学期まで(場合により1学期になる場合もある)
    留学保険 加入義務あり(留学保険であれば特に指定はなし)
    慶熙大学校長期留学プラン
    お手続き手数料
    *お手続き手数料に含まれるもの
    滞在先パック
    (当社のお申し込み基本プランです)
    1. 学費(1学期分)と滞在先(1学期+学期休み分)の費用がパックになっています。こちらの滞在先パック料金にはお手続き手数料も含まれます。
      ただし寄宿舎の場合は学期休みは別途日割り金額が追加になります。
    2. ハイスタンダードコシテルは数が少ないため、ご相談ください。
    3. 寄宿舎利用の場合、学期間は1泊につき2,000円(2人部屋)、3,000円(1人部屋)が別途かかります。
    4. 滞在先ランクについては、こちらをご参考にお考えください。
    お支払総額
    お支払総額は、滞在先パックの金額となります。
    1. 航空券、保険等は別途かかります。
    2. その他のオプションについては、現地到着後のサービスをご覧ください。
    3. 締切り日3週間を切ったお申込みは特急手配料3,000円が追加になります。

    滞在先手配が不要な方は、お手続き手数料+以下の学費がお支払総額となります。
    なお、為替レートの大きな変動により予告なく価格が改定される場合があります。
    .