特別ページcorona


●新型コロナウィルスに関連した弊社対応と韓国留学の状況について●


(2020.05.07更新)


● 新型コロナウィルスの韓国での現状
 世界的な新型コロナウィルスの感染拡大に伴い韓国でも感染者が増加しておりましたが、45日間のソーシャルディスタンス、その他の厳しい政府対策や感染経路の追跡、疑わしい場合の早期検査システム等により、韓国全土で急激に感染者数が減少してきており、5月に入って日々の新規感染者数は毎日1桁のみ、国内感染者数は連日0人で新規感染者の大部分は国外からのものとなってきています。
集団感染があればすぐにまた10名、20名を超えることも起こり得ますので安心は出来ませんが、現状では感染者数が激減したため5月5日で一旦ソーシャルディスタンスを終了して、規制を緩めた生活防疫へ移行しました。
マスクや消毒液は、現在支障なく購入可能な状況で、また万一熱が出たりした場合、外国人でもすぐにPCR検査を無料で受けることが可能な状況となっています。
現在、海外からの感染防止のため韓国への入国についてはビザ免除の一時停止措置となっており、観光ビザやノービザでの入国は出来なくなっているため、短期留学や1学期のみの留学などは不可能な状況です。また2学期以上で研修ビザ(D4ビザ)を取得すれば入国可能ですが、入国後に全員のPCR検査と政府施設での2週間隔離を義務付けています(一部の指定寄宿舎や1人用の自宅がある場合を除く)。


● 新型コロナウィルスの日本での現状
 韓国での感染者数が増加していた際、日本では感染者数が韓国より少ない状況でしたが、現在急激に感染者数が増加しており、非常に予断を許さない状況となってきております。 韓国に対し、外務省より危険情報レベル3が出され、強制力はないものの無用な渡航は中止するよう勧告が出されましたが、現状むしろ日本からの感染者の入国が危険視されるような状況となっており、日本での収束にはまだかなりの時間がかかるのではないかと予測されています。


● 弊社の新型コロナウィルスに関連する取り組み
 弊社では、両国の感染者が無くならない限り平穏な留学生活は望めないとの考えから、日本本社(東京)および韓国支社(ソウル)ともに様々な新型コロナウィルス拡大防止のために積極的な対応を行ってきており、また社を挙げてソーシャルディスタンスも積極的に実践、実施しております。

 ・一旦5月末までの東京本社のカウンセリング業務および来所による対面業務の休止および在宅勤務化
 ・一旦3月~5月末までの全説明会、全カウンセリングのオンラインへの切り替え
 ・ソウル支社の4週間にわたる在宅勤務、交代勤務の実施、継続
 ・ソウル事務所での日韓勉強会および各種勉強会の休止およびオンライン化
 ・春学期訪韓者に対しての案内サービスの簡略化
 ・東京本社およびソウル支社の消毒剤の設置や消毒の実施
 ・社員へのマスク支給、携帯消毒剤の支給、手洗い、検温等の徹底指示等

 上記のような対応で当社がクラスタの感染源などに決してならない細心の注意を払って業務を行っております。ただ東京の感染拡大状況により、更に一層の強化を図る可能性があります。

 また、

 ・外務省、領事館、保健所、大使館、保険局、出入国管理事務所、各学校などの確認、依頼、働きかけ等
 ・コロナウィルス関連情報のメールやSNSなどを利用してのご連絡
 ・各大学語学堂、語学学校の対応、情報の供給
 ・現地学生に対するオンライン授業などの対応へのサポートサービス
 ・留学に伴う各種キャンセル処理や延期(スライド)処理など

 を行いつつ、各学校と綿密に連絡を取りながら各種調整および留学準備業務を遂行しております。


● 弊社の新型コロナウィルスに対する今後の見通しと弊社の取り組み
 韓国内の状況は5月中にある程度安定する可能性が高いと見ており、6月から始まる2020年度夏学期正規過程はほぼ通常通り開講されるのではないかと予想しておりますが、問題は日本の感染拡大が深刻な点で、学校は開講されても海外からの感染防止のため、韓国への入国についてのビザ免除の一時停止措置の延長、観光ビザ(C3-9等)やノービザでの入国の停止措置の延長が継続されますと、夏の短期留学や正規過程1学期のみの留学などは不可能な状況です。また2学期以上で研修ビザ(D4ビザ)を取得すれば入国可能ですが、通常に比較してビザ取得に非常に時間がかかること、入国後全員のPCR検査と政府施設での2週間隔離の義務付け等が措置として残る場合、そのことに不安を感じて訪韓をためらう方も多いのではないかと思います。
弊社の考えとしましては、自分が感染源にならないという観点から、この時期に留学する正規過程の学生のみなさんはきちんと指示に従って政府隔離を受け、自分も周囲の人も安心できる状態で学期に参加していただきたいですし、そうでなければ秋学期または冬学期など、両国の改善状況をしっかりみて収束してから留学時期を決定することをお勧めしたいと思います。
夏の主に8月に開校予定の短期過程につきましては、現状ではなんとも判断しにくい状況ですが、まだ時間が十分にありますので、5月末~6月初旬頃に判断を先延ばしされて状況推移を見守り最終決定をしていただくのがよいかと思います。
弊社も各学校と綿密に連絡をしあいながら、最善の方法での短期留学の可能性を探りつつ、他の方法なども合わせて今後ご提案して行く予定です。弊社ホームページやSNSでご案内して行きますのでご確認ください。

また引き続き外務省、領事館、保健所、大使館、保険局、出入国管理事務所などの関係省庁などから日本よび韓国現地で直接最新の情報収集を行い、短期長期の留学についてのご相談やお問い合わせに対応して行きます。

留学希望の学生のみなさんにとって非常に残念な状況ですが、なんとかこの状況を一緒に乗り越えましょう。
安全な留学が早く取り戻せるよう、学生のみなさんも、マスク着用、しっかりとした頻繁な手洗い等を行って積極的にしっかりとソーシャルディスタンスを実践し、周囲の方々にもぜひ働きかけてください。
弊社でもまた素晴らしい留学ができるよう一層の努力を行い、再開できる日に備えて行きます。


















アー!エデュケーション

■日本本社
〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-13 
神田第4アメレックスビル403

TEL 03-5577-2114
*平日 10:00~20:00
TEL 03-4590-8393
*休日 10:00~20:00

FAX 03-5577-2115

 営業時間(年中無休)
 10:00~20:00



■韓国現地支社
〒04104
서울시 마포구 신촌로128
적암빌딩 3층

TEL 02-702-2753
FAX 02-716-1854

Juckam building 3F,
128 Shinchon-ro, Mapo-gu,
Seoul (〒04104)


customer@aah-e.net
www.aah-e.net