日本語寺子屋(ソウル)   日本人のための日本語講座inソウル日本語寺子屋

 韓国で活動する日本語ネイティヴのための日本語講座
 「101匹目のさる」「あるカンセミナー」「日本語寺子屋」と、ソウルでの現地定期イベント


日本語寺子屋 in ソウル  
 



日本語寺子屋とは 
外国語である韓国語の勉強には気を使ってるものの日本語の知識が不足してしまって韓国語も伸びない、そんな事態に陥ってしまう人って意外と多いんです。よほど小さい子供でない限り、外国語のレベルが母語を超えることはないと言われています。でも外国にしばらくいると少しずつ忘れてしまうのは母語も同じ。だからこその日本語ネイティヴのための日本語ブラッシュアップ講座です。
 
韓国語の学習に活かしたい方、韓国人の友達に日本語を教えることになって日本語をよく知らないことに気付いた方、日本語教師になりたい方や駆け出しの方、韓国で就職している方や就職したいと思ってる方、日韓カップルで子供の日本語教育に興味のある方などなど、特別な専門知識は要りません。毎回のテー マをご案内しますので、面白そうなテーマだなと思ったら自由にご参加ください。
 
大学などで日本語を教えている現役の講師たちによるセミナーです。日本語の文法、音声、運用、教育、文学などのそれぞれの分野を専門にやっている講師たちにより毎回テーマが組まれます。受講なさる方の希望が多ければコアメンバー以外の講師をお招きしてセミナーを行うこともあります。講師としての参加も募集しています。
 

 
受講料は会の運営や外部講師の招聘などのため、基金として使用させていただきます。どなたにでも気軽に来ていただけるセミナーにしたいと考えておりますが、目的意識を持って学んでいただきたいので質の高いセミナーを提供したいと思っております。そのためのご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
セミナーについて
開 催: 年4回、2、5、8、11月の第2土曜日(原則)に開催する予定です。
対象者: 日本語ネイティヴまたは日本語ネイティヴレベルの方ならどなたでも参加できます
参加費: 20,000ウォン (自由参加の懇親会参加者の費用は別途)
募集数: 20名
会 場: aah! education スタディールーム1(梨大・新村)
主催者: 日本語寺子屋
 
 

 

 
 
 

   第7回 セミナー開催の募集開始!

 第7回開催は、ゲスト講師にキソカンさんをお迎えして【現代文の国語教育について】と
 レギュラーコアメンバーからAKIKO講師の【日本語の構造について考える 第2弾】の
 2講座を行います。
  
   
8月15日、日本よりキソカンさん来る!

 第7回 日本語寺子屋セミナーの詳細

 
日時: 2017年8月15日(火) 14:00~18:00 
  (18:30より親睦会・懇親会予定。(自由参加・費用別途:12,000~15,000ウォン程度を予定)



   タイムテーブル
8月15日 カンファレンス 内容
14:00~15:50 日本語寺子屋講師AKIKO
【日本語の文法】
・日本語の構造について考える 第2弾
昨年8月のセミナーで、私たちが普段話している日本語がどんな風に組み立てられているか「文の成分」について考えました。
今回はその第2弾ということで、私たちが普段何気なく使っている日本語のいわゆる「部品」である単語について考えます。
外国語を習うと専門用語がたくさん出て来ます。これは動詞でこっちは形容詞、とか、英語には助詞がない、とか、なんとか詞というのがたくさん出て来ます。
そういえば、学生時代、国語でも名詞とか動詞とか、習ったはずですが、では、「名詞とは何でしょう?」ということについてスラスラと答えられる人はなかなか少ないかもしれません。
この、動詞とか名詞とか助詞などのことをまとめて「品詞」と言いますが、この「品詞」とは一体なんなのか、「品詞」を分けるということはどういうことかについて考えたいと思います。そしてそれを外国語学習に生かす道を模索したいと思います。
16:10~18:00 日本語寺子屋
ゲスト講師キソカン
【日本語教育】
・現代文の国語教育

現役の中高生はもちろん、大人でも「現代文」という教科を理解していない方がとても多いです。初対面の方に現代文の教師をしていると言うと、「答えがないから難しそう」とよく言われます。果たして本当にそうでしょうか?僕は、それは完全な誤解だと考えています。ではなぜそのような誤解が生まれるのでしょうか。それは国語教師が考える「答え」と国語教師でない人が考える「答え」の指すものが違うからです。
国語教師とそうでない人の考えの違いを明らかにし、「答えのない試験」と思われがちな現代文の試験問題がどのように作られているか、手の内を(少し)明かします!

18:30~ 親睦会・交流会   *親睦会・交流会費は別途必要です





日本語寺子屋セミナーのお申し込み、ご予約

 

募集中!
お申込み、ご予約はこちらからお願いします。

   *参加費用は当日現金でのご精算です。

    (履歴)
     第1回: 【日本の文化】古事記・日本書紀って何?(あなたの知らない古典) 
          【日本語の敬語】敬語のほう、こちらでよろしかったですか?(あなたの知らない敬語)
          【日本語の文法】ごはんとライス、何がちがうの?(あなたの知らない使い分け)
          【日本語の音声】はちゅおんはむじゅかしいですか?(あなたの知らない発音)
     第2回: 【日本語の文法語彙】・日本語の副詞について考える
          【日本語の敬語】・敬語の種類とTPOに合わせた敬語
     第3回: 【日本の文化】・天皇と神道
          【日本語の文法・語彙】・日本語の構造
     第4回: 【日本語の文化】・渡来人
          【日本語教育】・会話が上手ってどういうこと?
     第5回: 【日本語の文法】・誤用から日本語を考える
          【日本語教育】・韓国の高校での日本語教育の現状とその打開策を模索する
     第6回: 【日本語の敬語】敬語今昔物語
          【日本語の音声】日本の音声を知れば韓国語の発音も良くなるよ!...多分



今回の ゲスト講師 プロフィール 
ゲスト
講師
キソカン
 東京都出身。高校時代に古典文学にハマったのをきっかけに国語教師を目指し、文学部日本文学科に進学。しかし大学3年のある日、「もっと外の世界にも目を向けた方がよいのではないか…」という思いから、何かしら外国語をやろうと思い立ち、家に「冬のソナタ」のサウンドトラックがあったため「韓国語でいいや」と韓国語を独学し始める。
ひたすら孤独に韓国語を学んできた経験を活かし、独学の方々に役立てばと2013年7月にTwitterで「基礎から学ぶ韓国語bot」を開始する。現在は、かつての夢が叶い都内私立中高一貫校の国語科教員を務めている。



コアメンバー プロフィール
日本語
寺子屋
講師
AKIKO
兵庫県出身。大学・大学院時代は奈良で過ごす。教育学修士。博士課程修了。専攻は日本語学(文法)。韓国には特に興味関心がなかったが、大学時代に留学生との関わりから韓国人の友人がたくさんできる。日本語学習者の気持ちを理解するために自分も学習者になる体験をすると良いというアドバイスを受け、韓国語は趣味程度に開始。これまで韓国語はほぼ独学。今はただ時間だけが伸びてしまった学習歴に恥ずかしくないようにTOPIKスコアを伸ばすのが目標。
2005年より日本の日本語学校で非常勤講師、プライベートレッスン、日本語ボランティアなどで日本語教師として駆け出し活動を開始。2007年3月より韓国の大学にてネイティブ教員として勤務。現在に至る。日本語会話の授業を中心に、通訳やビジネス日本語の授業も担当しています。日本語の知識を増やすよりも、発話意図を正しく伝えるニュアンス、発音、誤解を招かない表現など、コミュニケーションの質の向上を目指すことを中心に据えた授業を心がけています。
日本語
寺子屋
講師
DAITO
広島出身。日本人の父、韓国人の母をもつ。1999年大学入学と同時に韓国語の勉強を始め、2002年に交換留学生として慶熙大学国際教育院で1年間韓国語を学ぶ。その後日本に帰国し地元企業に就職し、韓国語とはまったく無縁の生活を送っていたが、2008年に韓国人の妻と出会い、 2009年に結婚。そして2010年に再び渡韓。渡韓後、日本語講師として働き始める。日本語講師をするかたわら、慶熙大学で文学修士取得、博士課程修了。大学での専攻は日本の上代文学。「古事記」「日本書紀」が専攻で、渡来人についての研究を行うために努力中。将来的には渡来神が祀られている神社や朝鮮神宮に関する研究がしてみたい。現在は大学での講義、個人レッスンなどを中心に活動中。
KPOP大好き。韓流ブーム前からのKPOP好きなので、最近のKPOPよりは歌謡と呼ばれていた時代の歌のほうが好き。韓国の歌を紹介するブログも持っている。
日本語
寺子屋
講師
ENA
横浜出身。中学生の頃から韓国語を独学し始め、2000年ワーホリで渡韓。韓国外国語大学で韓国語を学んだ後、2001年からソウル市内の学院で日本語教師として働く。その後、東京、横浜の日本語学校や研修会社などでの日本語教育や日本語試験の問題作成などに携わる。2011年、再渡韓し韓国外国語大学で言語学修士取得、博士課程修了。専攻は言語行動と敬語。OPI日本語テスター資格保持者。現在は韓国外国語大学を中心にあちこちの現場を渡り歩く日々。
ソウル市の観光ライターの経験を生かして、ディープソウルを案内するエナツアーや、ソウル案内ブログなども運営。従来の「ネイティヴ教師」の枠に収まらないので受け皿を探すのではなく作りたいというのが本音。
日本語
寺子屋
講師
YUKI
滋賀出身。もともとの将来の夢は落語家か漫画家だったが、高校時代オーストラリアでのホームステイをきっかけに国際交流および日本語教育に興味を持つ。オーストラリアとの提携校が多く、日本語教育にも力を入れている東京・吉祥寺の成蹊大学に進学、ワーホリ資金をせっせと貯めるかたわら国際交流サークルで部長を務めるなど、オーストラリア移住の夢を育んでいた最中に留学生だった現在の妻と運命の出会いを果たし、全く予定になかった韓国沼へ…。韓国語を学べ る環境を求め2001年ソウル大言語教育院で語学留学。そのまま2002年には同大学国文科大学院へ進学。2003年に日本語教師としてデビューし、すったもんだの末現在はソウル市内の某私立大学で日本語教育を担当するが、韓国語教育にも情熱をもやす。あとはTwitterやブログなどを参照ってことでヨロシク。
aah! education
アーエデュケーション
aah! educationの中の人。初訪韓は80年代。長年法律関連の仕事に従事。2010年に退社して渡韓。延世大学語学堂卒業後、外国人のための韓国語教師課程および韓国語教師養成課程を延世大学で修了。それまでのさまざまな経験を活かし、アーエデュケーション株式会社を設立、韓国留学事業をスタート。日韓勉強会「101匹目のさる」、在韓者のためのネットワーク「あるカン」、良質な韓国語教育と韓国文化の輪を広げる「ほねねっと」等を主宰している。留学を目的にするのではなく、留学を活かした人生クリエイトのため、優れた人材を育成することに尽力しつつ、韓国のおいしいものとおいしいお酒に今夜も酔いつぶれる日々である。
 

いままでの ゲスト講師 プロフィール 
   ゲスト
講師
YOSHIDA
 京都府出身。大学時代は地理学を専攻するも第二外国語で韓国語を履修し、韓国に関心を持ち始める。3年生の時に、なぜか韓国映画を扱うゼミを選択。そこで友人の影響からK-POPを聴くようになり、韓国に完全にハマる。2008年にゼミで釜山に初渡韓。日韓の大学が交流する目的のセミナーに参加し、多くの韓国人と話し、いつか日本語を教えたいと思うようになる。ゼミでは「在日コリアン」をテーマに研究した。卒業後は日本で繊維系の商社に就職。韓国企業を担当するが、取引がなくなったのを機に丸4年で退社。その後、日本語教師を目指すべく資格を取り、2014年に3か月の短いソウル留学を経て、2015年より現在の勤務先である韓国の某外国語高校でネイティヴ補助教師として日本語を教えている。韓国語はお世辞にもうまいとは言えないが、とにかく人と話をするのが好き。何をするのでも楽しくがモットー。サッカーと韓国と旅行とお酒で人生が形成されている人間。




会 場: aah! education スタディールーム1(梨大・新村)


地下鉄2号線梨大駅6番出口を出て、そのまま出た方向(新村駅方 向)にまっすぐに道なりに下ります。
約100m程歩くと、右手に国鉄新村駅がある大きな三叉路をそのまま今までの道なりに新村方向に歩きますと三叉路から30秒程度で左側に、ハーモニーマートというスーパーがありますので、そのビルに入り、1階を右側に進むとセミナールームがございます。
同様に地下鉄2号線新村駅からですと5番出口を出て、そのまま出た方向(梨 大駅方向)にまっすぐ道なりに上ります。 どんどん歩いて行きますとハーモニーマートがあります。 梨大駅からの方が少し近いです。









アー!エデュケーション

■日本本社
〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-13 
神田第4アメレックスビル403

TEL 03-5577-2114
*平日 10:00~20:00
TEL 03-4590-8393
*休日 10:00~20:00

FAX 03-5577-2115

 営業時間(年中無休)
 10:00~20:00



■韓国現地支社
〒121-806
서울시 마포구 신촌로150
신촌포스빌 523호

TEL 070-8955-1854
MBP 010-9925-2753

523,Shinchon Posville,
150 Shinchon-ro, Mapo-gu,
Seoul (121-806)


customer@aah-e.net
www.aah-e.net